1.1.19

A Happy New Year 2019(松本)

2019年になりました。あけましておめでとうございます。
日本に続いて、こちらも元旦を迎えました。

ここCanterburyでの生活も、あっという間に残り3ヶ月。
大晦日。今とこれからのいろいろを家族と話す中で、これまでの道のりを長めに振り返る機会がありました。

大学院でもばだばたとがいていた20年前、保育という世界があることを知りました。
短大で笑っていた15年前、保育の研究と教育、そして学生だったみんなと出会いました。
ふたりぐらしから数年を経た10年前、子どもたちとの生活が始まりました。
新しい街そして職場に少しずつ慣れはじめた5年前、国際的に研究する準備を始めました。
そして今、ここまで来て、これからの5年、10年、15年でしたいこと、できそうなことが見えてきたのが、心からありがたいことだと思います。

もちろん、スポンジのような吸収力の子どもたちを前に、次から次へと言葉を忘れていく困った自分を振り返れば、もう5年早く来られれば語学も少しはましだったかも!等々感じることはしょっちゅうです。
とはいえ今、Primary schoolで観察研究を進められているのは、子どもたちを介してこちらの学校でのふだんの言葉づかいや表現、文献では見えない背景を学べたおかげ。考えてみれば子どもたちも、今、この時期にこちらで学べる機会を得られたからこそ、きっと今後につながる経験ができている……。

そう考えると、個々の出来事を振り返って、そのあれこれを論じるのは難しい。
それぞれがこれまで、一歩ずつ歩んできた必然として今の自分たちがあり、それはきっとこれからも同じだろうな、と感じました。

今年もまた、小さな、そして大きなFamilyで支え合いながら、一歩ずつ積み重ねて届くところまで歩んでいきたいと思います。
今後ともよろしくお願いいたします。
みなさまの一年に幸がありますように。

Our very best wishes for a happy new year!