3/24/2016

卒業・修了おめでとう(松本)

毎年3月24日は、香川大学の卒業式・修了式。
幼児教育研究室からは、11名の学部生、1名の大学院生が、無事、卒業・修了を迎えました。


3月のセレモニーは、何度迎えても慣れないものです。
いろいろ話したいことはあるはずだけれど、気づけばそう気の利いた言葉もかけられずに過ぎてしまう一日を、毎年のように繰り返している気がします。

今年もまた、敬愛する保育者の一人である、河本ふじ江先生より教えていただいた
“人間にとっていちばん大切なのは、いのち”
“子どもが好きなのは、(きちんと先生できるヒトではなく)一緒に遊んでくれるヒト”
の二つの言葉を、みんなに送りたいと思います。

今日の午前中、さぬき市の幼稚園で元気に頑張っている3年目の先輩と、少し会って話す機会がありました。(一緒に写真撮るの忘れた〜)
少し先を切り拓き、道を照らしてくれている先達が、見えるところ、見えないところにたくさんいて、みんなのことを待ってくれているはずです。

卒業・修了おめでとう!
子どもと遊びの力、そして自分の可能性を信じて、一緒に新しい道をつくっていきましょう!

0 件のコメント:

コメントを投稿