4.4.18

2018年度(松本)

新年度が始まりましたね。
みなさん、それぞれ新しいスタートがあると思います。

松本は本年度、イギリス・ケント州カンタベリーにある、Canterbury Christ Church Universityにて在外研究をさせていただくことになりました。
Research Centre for Children, Families and Communities という研究所のメンバー(Visiting Scholar)として、就学前教育から初等教育への移行における諸問題に、リテラシー獲得とその支援を主なキーワードとしてアプローチする予定です。
リテラシー(Literacy)とは、狭義には文字等読み書き能力のことを指しますが、広義にはことばを介して自分をどう表現するか、を含む概念です。幼児期と学童期、就学前と初等教育、イギリスと日本という軸をたてて、それぞれ相違点・共通点を重層的に捉える際に、このリテラシー観の違いが、問題を読み解き実践につなげていくうえで、一つの鍵となると考えています。

現在、こちらの大学はEaster Holidaysに入っています。
中旬からの本格的スタートに向け、まずは家族と生活の立ち上げ、研究開始の準備に奔走する日々を送っています。徐々にこちらの、曇りのち雨時々曇りのち雨そして晴れ!のような天候にも慣れてきました。

今日は子どもたちが、はじめてこちらの子どもと遊んだ記念すべき日になりました!
英語はほぼ全くわからなくても、一気に遊びに巻き込み、巻き込まれていく小学生。
きちんと話せるかではなく、ワクワクするかどうかが、コドモとコドモを結びつけていきました。






0 件のコメント:

コメントを投稿